はじめに

 
 ゲーメスト~アルカディアと続いていたハイスコア集計が2015年1月で終わりました。
 先のことはわかりませんが、一つの区切りになりました。

 長く自分のやっていたゲームについて公にしていないものがありましたが、公開していこうかと思いブログを開設しました。

 内容的にはゲームを中心にするつもりです。
 リンクについてですが、趣味のなかでMUGEN関係についてはトラブル回避のためにこちらからのリンクはしません。 

(2015年9月7日追記)
 前のブログで「客よせ・小遣い稼ぎ」とか「過疎」とか裏で言われていた(思われていた)ことを、ブログを閉鎖後、色々アカウント復活・再登録した後に知りました。その関係で、カウンターは入れていません。嫌がらせ防止で拍手を入れていません。宣伝するつもりもないのでツイッターなども入れていません。

 このブログそのものはリンクフリーです。
 ただし、MUGEN関係についてはリンク非推奨です。
 MUGENも趣味の一つなので、このブログで取り上げることはあるかもしれませんが、他の人を巻き込みたくないので、キャラ紹介・動画紹介はしないと思います。

 記事の更新についてですが、頻繁に更新はできないと思います。内容の修正も、わかっていてもなかなかできないかもしれません。

 溺れている敵兵を撃ち殺す人ではなく、助ける人でありたいです。そんなのは理想にすぎませんが。
 状況によっては非公開に変更するかもしれませんが、ブログサービスが続いている間はできるだけ残していくつもりです。
 記事は、読んで理解できるように、事前知識のない人が読むことを想定して書いていますが、思うようには書けていないです。時々誤字、内容修正すると思いますが、いつ修正したのかはわかるように記事の最後に書いています。

(2015年7月26日追記)
ツイッター本垢のなりすまし垢確認…。
非公開(要閲覧パス)だったものを一般公開に変更。
スポンサーサイト

複合MAD動画



「MAD」→→→→→→→→→→〆


 複合MADというのは、複数の作品を使ったMAD(動画)のことなので、その内容の幅は広いのですが、上記の動画はその複合MADの中でも、幾つかのアニメの似たシーンを切り出し音楽にあわせて流れるシーンを作り出すという趣向の作品です。
 動画の切り替えが多いので目が痛くなる人もいるかもしれませんが、さまざまなアニメのシーンが流れるように切り替わりってゆく素晴らしさに気がつくと感動を覚えること間違いなしではないでしょうか。

 ゲームではなくてMAD動画などというものを取り上げたのは、私が好きなMAD動画制作者だったもんじゅさんが引退されたためです。
 私がもんじゅさんを知ったのは中二病でも恋がしたいのアニメが始まったころ、MAD Chu-ni/Zero~チュウニ/ゼロ~(現在は動画が残っていないと思います)と言う作品が投稿されたころなので6年ほど前でしょうか。まだ始まったばかりのアニメの高クオリティMAD動画に驚いたことにはじまります。
 「MAD動画など時々好きな作品のもので気になったら見る程度」で作者の名前など見もしないような私でしたが、もんじゅさんの投稿スピードは早く、他にも気になった作品がそうだったことが多くあり、とうとう製作者名を覚えるに至りました。
 
 最初の複合MADは、もんじゅさん作の転載されたものになります。作者のもんじゅさん自身はもう投稿動画を全部削除されたので、本人が投稿したものは記事記入日現在はありません。

 複合MADがどういう始まり方をして生まれたものなのかは知りませんが、2012年頃はもんじゅさんがコマンド表記の複合MADをよく投稿していたことは記憶にあります。数多くのパーツを繋ぎ合わせる作業は大変な労力だったことと思います。
 この他にも、ギャグからシリアスまで数多くのMAD動画を作成してきたもんじゅさんに感謝とお疲れさまの言葉を…。

 〆で、複合MADをもう一つ…。

 MAD動画の中で複合MADをあえて取り上げたのは、この凄さがあまり知られていないような気がしたからと言うのもあります。



(修正履歴)
2018年6月8日、動画のタイトル名が違うと思われたため修正(「60fps」を「MAD」に)

2017年夏イベント丙で完走



 8月11日から、艦隊これくしょんの夏イベントが始まりました。今回は大規模イベント。
 動画は丙ランク最終回域のラストですが、難易度が低いので見所は…ないかなと。

 私自身は艦これのプレイに疲れたこととまとまった時間を作りたい関係で半引退状態で、イベントも様子見をしていましたが、深海棲艦や、新艦娘の画像を見ていいなあ…と思ってやることにしました。

 しかし、やる気がほとんどないので、一番ランクの低い丙をメインにして、さっさと終わらせるという計画でした。

 結果的には、E1甲、以下2丙3丙4丙5乙6丙7丙で5日間ほどかけてのイベント完走。

 E7のイベント難易度に関しては過去最高レベルではないかと思われます。過去の大規模イベントでも難易度の高さには批判がありましたが、正直、ダメコン前提での難易度は売上の関係もあるのでしょうし、しょうがないのかもしれません。

 丙でクリアしたので、撤退によるストレスとかは少なかったですが、輸送と本ゲージが別とか、ギミック解除とかやることが多いことによる出撃数の多さが辛かったです。自分で攻略法を見つけるのではなく、先の攻略情報をもとにしていると、攻略するという面白さはなくなっているので、シンプルな内容の方がありがたいですね…。

 新艦娘のうちドロップ艦は一人も仲間にしていません。現在7人不在。イベントもまだ続くので堀周回するのも一つですが、今は休憩を。

 ゲーム性については思うところがありますが、艦娘の魅力は凄いですね…。

ハイスコア集計再開

日本ハイスコア協会

 アーケードゲームのハイスコア集計再開が動き始めました。

 私自身がゲームセンターなどでスコアを出すのは難しい状況ですが、スコアを意識したプレイは続けて、いつかチャンスがあれば挑戦したいです。

 ブログは気分で更新している感じなので、ぼちぼちですが、単純な攻略以外にスコアに関したことも書く予定はあります。
 クイズああっ女神さまっは去年の11月に一回書こうとして下書きのまま放置していましたし…。
 あと、ソルダムがプレイヤーのどちな氏から記事にしてもいいとの許可があったので、そのうち…。
 ガンバードは1周目の攻略が書いていないのでどうしようかなと…。
 
 まあ、期待しないでお待ちください。

咲-Saki-第153局・予想大はずれ

 準決勝の大将戦が終了しました。

 大はずれと言うのは、姫松残りの予想。

 姫松があまりに続きすぎる関係とネリーの存在から臨海女子が残ると見る方が当たりだったのかな…。考えがちょっと清澄の関係に偏り過ぎたのと、シノハユの今後が全く予想できていないところが…ダメかなと思いつつ、展開やメンバーそのものは面白い感じになりました。
 姫松のオーラス親番はわかっていたので、だいぶ前にこの展開を予想していた人もいたのではと思います。
 ラスト、清澄と5900点差だった姫松が、親かぶり(ツモされると子の倍の点数を支払しないといけない)により、100点差で3位転落。ギリギリで清澄が2位で勝ち残りとなりました。
 そして、ネリーの牌操作の力は裏ドラまで及ぶようです。
 
 まだ、だいぶ先のことになりますが、似た領域をめぐる戦いがありそうです。

 次回は一ヶ月以上先ですが、いよいよ決勝に入っていきます。楽しみです

=====どうでもいいこと。
 記事記入が一日遅れになってしまいましたが、実はなにもやる気がなくて記事は書かなかったかもしれませんでした。書きたくないようなことがあった関係で、かえってそれ以前のものが吹っ飛んだと言う感じでしょうか…。人間として、かなりダメだなあと…。
プロフィール

如月浪人RIN

Author:如月浪人RIN
ゲーム好きなマダオ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク