スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルボブルのハイスコア



動画は初代パズルボブル、プレイヤーSOLID-S.Sさんのものです。
現在S.Sさんとは連絡が取れないため投稿にあたって了承はとれていません。そのため一つの面のみです。

以下にパズルボブルのスコアに関することを書いておきます。

*****[パターン共有すらなかった]*****

 パズルボブルシリーズは一時、ひとりでパズル部門をSOLID-S.Sさんが制覇していました。
 そして、ゲーム登場初期からKACさん、ねこんさん、SOLID-S.Sさんと名古屋勢がハイスコアを出していました。

 当時のスコアラーの人たちは名古屋勢が互いのパターンを知っているからスコアが出せると思っていた人もいるのではないかと思います。
 私はKACさんのプレイは見たことありませんし、知りません。ねこんさんがKACさんのプレイ内容について知っていた可能性はあると思います。

 では、ねこんさんとSOLID-S.Sさんの間ではどうだったのか?

 実は、ねこんさん、SOLID-S.Sさんは互いのパターンは知りません。

 当時、双方のパターンを私は知っていました。
 プレイを見たもの、攻略内容を見せてもらったもの、動画などで私自身は双方が何をしていたのかは知っていました。
 では、ねこんさんとSOLID-S.Sさんはどうかと言うと、互いのパターンやプレイは見ずに自分で独自にパターン作成をしていました。当然、面によってかなりプレイ内容が違うところがあります。私は各面でできる最大点数の回数を教えることはありましたが、パターンについて教えたことはありません。これは、秘密とか以前に双方がパターンについては聞かずに、自分で克服しようとしていたためです。
 スコアを出すライバルがすぐ近くにいながら、互いのパターンは知らないと言うのが実態でした。

 例として、いくつか。

 初代パズルボブル
 
 ねこんさんはパターン作成はしています。
 傾向として、ねこんさんは初期配置のバブルを極力生かしで前半は無理してでも回数を取りにいく感じでした。それに対してSOLID-S.Sさんは、仮に初期配置で1回可能だとしても、それがギリギリの場合は無理にねらわず、早い段階で切り捨てることがありました。
 一面ですが、いきなり二人のパターンは真逆をいきます。中央を堀り、右側に色バブルを残して3回を狙いにいくと言うのが、ねこんさんのパターンでした。それに対して、SOLID-S.Sさんは両端をなくし、確実に2回取りにいっています。

 17面はねこんさんは1回できるとは思っていませんでした。私が教えると驚いてパターン作成で悪戦苦闘していました。

 KACさんとの違いですが、KACさんは8面や16面で一回取りにいくと言う冒険はしなかったようです。それをしないでの6000万オーバーと言うスコアにSOLID-S.Sさんは「KACさんは凄い」と言うことがありました。

 パズルボブル2の場合。

 裏B2面で1048万が2回できるのですが、SOLID-S.Sさんは私に聞くまで1回が限界だと思っていました。

 パズルボブル3の場合。

 ねこんさんはふつうモードは攻略していないので、2.5モードでの話になりますが、たぶんOの2面(22面)(記憶があいまいです。間違っているかもしれません。)、ねこんさんは初期配置を最初の一回にしようとします。これがかなりギリギリなのですが、SOLID-S.Sさんは初期配置を早々にばっさりと切り捨てて形作りをします。

 こんな感じで同じ名古屋でスコアを出していながら、パターンはそれぞれが考えたものでした。

*****[電源パターン疑惑]*****

 これは、トンガ時代のパズルボブル2のスコア時の写真にノートが写っていたため、そう思われたらしい…と聞いています(違うのかな?)。

 当時の私が取った写真から。

3

 トンガで写っていたのは、筺体に乗っている小さいノートの方でした。
 実際にはそこには写っていませんが、さらに大きなノートも見ています。

 まず、電源パターンの使用についてですが、結論から言うとSOLID-S.Sさんもねこんさんも使用していません。
 当時電源パターンは見つけれていません。
 初代がMVS(マザーボードの種類)、2~4がF3システムなので、調べれば電源パターンそのものは存在する可能性はあると思います。
 ただ、電源パターンで都合のよいバブルが来てくれるかと言うと話しは別です。そして、全面通してのパターン作成となると当時は考えれるものではありませんでした。

 それでは、このノートに書かれていたものは何か?
 各面でできる回数は書いていたと思います。その他パターンについて書かれていたのかもしれません。

 しかし、一番重要なものは、矢印のドット確認でした。ワイド面でもミスなくバブルを処理していくために、狙っている場所に確実に入る・つく場所を矢印の画像で確認していました。

 以下は参考として、私が攻略していたときのメモです。

IMG_20150713_0011.jpg

 恐らくこれより、比較にならない細かい内容が書かれたものを見ながらプレイしていたのだと思います。

*****[参考・目の前で達成されたハイスコア]*****

 私はたまたま、ハイスコアが繋がるプレイを見ることがありました。

 パズルボブル3の2.5モード

2
2
2

 当時はSOLID-S.Sさんは矢印のドット絵確認はしていませんでした。フィーリングでプレイしていました。
 1997年5月17日・オレンジペコでの一幕です。

 パズルボブル2

 3

 先にプレイ中の画像がありますが、当時、隣の筺体にクイズああっ女神さまっがあったので、私は隣でスコアアタックをしていることがよくありました。
 ハイスコアは2001年3月27日のときのものです。一応この前にKACさんのスコアは抜いていましたが5億には届いていませんでした。

*****[余談・幻の攻略本]*****

 1997~8年ごろだと思いますが、ねこんさんとSOLID-S.Sさんにパズルボブルの攻略本を作ってみませんかと言う話しをしたことがあります。
 作るとしたらどんなものがいいのだろうと言って、稼ぎ記事の参考でねこんさんが書いたメモがあります。

 IMG_20150713_0008.jpg

 この話しは、なんとなく流れてしまいました。まあスコアが絡むことですし。しょうがないところでしょうか。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

如月浪人RIN

Author:如月浪人RIN
ゲーム好きなマダオ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。