スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンス・オブ・ペルシャ



 オリジナルは1989年AppleⅡで発売されたゲームです。
 PCエンジン版はPC版にかなり近い移植だったと思います。
 (プレイしたことがあるのはX68000版、GB版、MDCD版、PCE版、SFC版(内容がオリジナル))

 動画は個人資料用に録画したもので、ノーミスでもRTAでもない平凡なものです。

 プリンス・オブ・ペルシャの面白さにはマップの攻略にかかる部分が大きいと思います。これから遊んでみようと思う人は動画を見ない方がいいのかもしれません。


*****[簡単な解説]*****

 LEVEL1

 入門にあたるステージになります。

 戦闘について。

 敵に近づくと自動で戦闘モードに変わります。
 戦闘に勝つ方法ですが、いくつかあります。慣れやコツがあまり必要ない方法が、距離をつかんでじっくり戦う方法になります。
 タイムアタックには向いていないので、時間短縮したい場合には色々考えてみてください。
 まず、距離。互いの剣の先がギリギリ重なるところが、剣が空振りする距離です。この間合いより入ってきたら剣を振ります。前半の敵は弱いので防御を考えなくても近づいた敵を剣で攻撃するだけで勝てます。
 LEVEL6以降くらいになると防御を使った方がいいです。防御で相手の剣を弾いた直後に剣を振ると、相手が再度剣を振ろうとしているところに攻撃が当たります。
 ラスボスでは、攻撃を防御されたら、すぐ自分が防御します。
 場所などによっては、壁に追い込んでバウンドさせて連続して剣で攻撃が有効なときもあります。攻めこんで、トラップに追い込むのも有効です。

 LEVEL2

 全回薬は取る必要はありません。
 
 LEVEL3

 一度上に上がったあと画面右に行くところがわかりにくいかもしれません(最初画面外の状況がわからないところも攻略の面白さなのですが)。
 その後、左の扉へ行くところが、あまり余裕がありません。
 出口を開けた後、スケルトンとの戦闘はわざと下に落下するようにしています。ぶら下がりで落下ダメージを回避しています。

 LEVEL4

 出口を開けたあと鏡が出来ます。鏡を抜けたときに自分の分身ができます。

 LEVEL5

 分身ひどいよ一。

 LEVEL6

 分身ひどいよ二。

 LEVEL7

 開幕からぶら下がりのために入力しっぱなしです。そうしていないといきなりゲームオーバーになります。
 天上を触って壁を落としているのが気がつきにくいと思います(私はX68000版でだいたい知っていたので…)。
 奥で浮遊薬を飲みます。

 LEVEL8

 出口を開けた後、扉が閉まってどうしようと思っていると…。



 LEVEL9

 途中で逆視薬を取っていますが、取る必要はありません。ネタで入れているだけです…。
 
 LEVEL10

 途中で開けた扉を閉めてしまって、やり直しています…。へぼい…。
 床を大量に落とした後の戦闘のところ。わかりにくいかもしれませんが、キャラクタオーバーで処理落ちしています。
 
 LEVEL11

 出口前で連続ぶら下がり。

 LEVEL12

 上るステージ。
 そのあと、分身との戦闘ですが、切ると…大変なことになります。大人しく剣を鞘におさめます。
 見えない道があります(PCだと踏んだところが光る感じの演出だった気が)。
 画面が切り替わったときに走ったりしているとダメージが入るので、少し様子見。
 
*****[入力について]*****

 このゲームは少し先行入力しているような感じになります。特に動作が重いX68000版ではその傾向が強いです。
 多少慣れが必要です。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

如月浪人RIN

Author:如月浪人RIN
ゲーム好きなマダオ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。